「全体の循環が低下して起こることも・・・。」おなかの張りについて

 

おなか全体がパンパンに張って苦しい・・・。

 

歩いただけで張る、食事が食べられないくらい張る、張るとスカートが入らなくなる・・・などなどという人もいます。便秘でないのに、おなかが張るという訴えもよくあります。

 

 

おなかの張りの原因

お腹の張りは子宮筋腫や卵巣のう腫、子宮がんなどの自覚症状のこともありますから、放置しないで一度は婦人科を受診しましょう!

 

婦人科で超音波やCT検査を行っても、何も原因が見当たらない場合があります。なかには、便秘や胃腸機能の低下によって腸内が発酵してしまい張ることもあります。また、茎えんげ症といって、緊張して気づかないうちに空気をたくさん飲んでしまい、腸内にガスがたまってしまうこともあります。ほかに考えられるのは、おなかの中の循環作用が低下して、腸壁や腸間隔がうっ血して、むくむくと腸全体が張ってきます。

 

これは、女性ホルモンの分泌と関係があって、排卵から生理前までのプロゲステロン(黄体ホルモン)の多い時期に、おこりやすい症状になります。からだ全体の血行、循環が悪くなると腸にも影響するのです。

 

 

おなかの張りの改善法

空気えんげ症などで、腸内にガスがたまって、おなかが張っている場合は、腸内のガスは減らす薬があります。

 

また、女性ホルモンの周期や体調の変化で、おなかの中の機能が低下して循環が悪くなって張っている場合は、おなかを温めて腸のぜん動運動を促進させることも大切になります。半身浴、腰湯はおすすめです。

 

また、漢方薬も自分の体質に合ったものを選んで飲むと効果があります。胃腸の働きを促進する漢方薬を処方してもらいましょう!

 

 

日常生活においてのアドバイス

腸のぜん動運動を促進するために、入浴後からだあ温かいうちに、やさしくおなかを時計まわりにマッサージしてあげます。ローズマリーやマジョラムのアロマオイルを選んでマッサージに使うと効果があがります。

 

また、ハーブにはけんい作用、くふう作用といって消火器の働きをよくしておなかにたまったガスを追い出す作用のものがあります。セージ、ペパーミント、カモマイル、ジンジャー、フェンネル、レモンバーベナなどのハーブがそれになります。ハーブティーとして飲んでも美味しくて効き目もばっちりになります。料理に使うローズマリー、マジョラム、セージ、バジル、パセリなどのハーブもおなかをすっきりさせてくれます。特に、肉料理のときには一緒にたっぷり食べましょう。日本人になじみが深い、しょうがやしそもおすすめのハーブ食材になります。お刺身の薬味も大事な薬になります。