「夜中に目覚めてしまう・・・。」腹痛について

 

夜眠れないほどの強い痛みを訴える人、しくしくと痛む人、足の付け根まで痛む人・・・。

 

腹痛の症状はさまざまになります。

 

 

腹痛の原因

なかには子宮内膜症、子宮筋腫などの病気が発見される場合がありますが、ほとんどは超音波、MRI、CT検査をしても何も見つからないことが多いのが腹痛の特徴になります。検査をしても何も見つからない場合は、生理的な骨盤痛といってもいいでしょう。

 

女性の骨盤内は腸や膀胱などの内臓の臓器に加えて、子宮、卵巣など、たくさんの臓器がひしめきあっている場所になります。循環が悪くなりやすく、血液がうっ血しやすい構造になります。ホルモンの働きで便秘や下痢をおこしたり、筋肉が緊張してかたくなったりするだけで、腹部が傷みます。生理的なものなので、しばらくして治れば問題ありません。

 

 

腹痛の改善法

痛くて我慢できなければ受診することをまずはじめに推奨しておきます。検査で異常のないことが確認されても、痛む場合は鎮痛剤をもらって飲みましょう。痛みは我慢していると、どんどん増強していきます。こじれた痛みになる前に鎮痛剤を飲めば、痛みも弱くなっていきます。

 

また、痛むときは休養も忘れないでください。低用量ピルで女性ホルモンのバランスを整えることで骨盤内のうっ血がとれて痛みがなくなり、体調も回復する場合があります。医師に相談しつつ、自分に合った方法を見つけましょう。

 

 

日常生活においてのアドバイス

症状が出るときは、からだが疲れを表現しているサインになります。初期のうちに対応しましょう!

 

痛みが少ない時なら、ストレス解消、気分転換、体力増強のために、ウォーキングなんかもおすすめです。最寄りの駅からひとつ前の駅で降りて、会社まであるいたり帰りもその逆にしてみたり。おしゃれなジョギングシューズに履き替え、大股でいつもより速足で歩くことを心がけましょう。

 

ミネラルウォーターを持ち歩く姿もよく見かけますが、ミネラルウォーターは血液をサラサラに保つのには水分補給にとても大切になります。ただし、飲み過ぎにも注意が必要になります。胃酸を薄めすぎて消化を悪くするケースもあります。また、食事中も水で食べ物を流しこまないでください。ちょっとのことで腹痛、胃痛、便秘が防げます。