「生理前のイライラ・腹痛・・・。」PMS(月経前症候群)について

 

おなかや乳房の張り、むくみ、眠気や不眠、便秘、下痢、頭痛、腹痛、腰痛、吐き気、吹き出物などのからだの症状になります。

 

心の症状では、イライラ、怒りっぽい、興奮しやすい、落ち込みやすいなどなど・・・。気付いてみますと生理前2週間以内におこっていた・・・、てことはありませんか??

 

 

PMS(月経前症候群)の原因

生理が始まってから排卵までは、女性ホルモンのエストロゲン(卵巣ホルモン)が多く分泌される時期になります。

 

ひと月のうちでこの時期は元気でお肌もつやつやになります。一方で、排卵から次の生理が始まるまでの時期は、女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増える為、体温が高くなり体調を崩しやすい時期となります。この排卵から次の生理が始まるまでの約2週間にさまざまなからだの症状、心の症状があらわれます。たとえば、生理前になるとイライラして些細なことで八つ当たりをしてしまい、生理が始まって症状がピタッと治ると、なぜあんなにイライラしたのかと自己嫌悪に陥ってしまうひとも・・・。

 

こういった生理前の症状は、程度の違いはありますが、ほとんどの女性におこります。でも、なかには仕事や家事がいつも通りできないけど、生活に支障が出るほどの症状を訴える人もいます。こうなってしまうとPMS(月経前症候群)という病気になります。

 

 

PMS(月経前症候群)の改善法

PMSの人は、毎月生理前に心とからだの変調を経験して落ち込むことが多いのですが、PMSは女性ホルモンの変化によっておこる病気です。あなたのせいではありませんし、治療も可能になります。

 

このPMSは、仕事や人間関係などで強いストレスを感じると、症状が強く出ることがあります。また、くよくよ気にするタイプの人は、症状を強く感じる傾向もあります。生理開始から排卵までのエストロゲンの分泌が多い時期には、元気でストレスを乗り越えられても、排卵後から次の生理前まで、エストロゲンの分泌が減る時期には、心もからだももちこたえられないといのが、PMSの人の現状になります。

 

対策としては、PMSと女性ホルモンの背景をよく理解して、生理前のつらい時期に無理な仕事や予定を入れないように工夫することも大切です。さらに、我慢せず婦人科を受診して、痛みには鎮痛剤、イライラには安定剤、むくみには利尿剤などを処方してもらいましょう。

 

また、低用量ピルも、排卵を抑えて女性ホルモンの分泌を常に一定にしてくれるので、PMSの症状を軽減して体調を安定させるために役立ちます。漢方薬も効果を発揮します。

 

 

日常生活においてのアドバイス

γリノレン酸の摂取が少ない人は、PMSが重いといわれています。

 

実際にヨーロッパではPMSのひどい人に、体内のγリノレン酸が少ない事が知られていて、γリノレン酸とビタミンBの補給はPMSケアの常識となっています。1日500mg以上摂取すると効果が出ます。月経周期の後半(排卵から生理開始するまで)にサプリメントを毎月飲んでみてください。

 

女性ホルモンのバランスを調節して、生理前の心とからだの不快症状によく効きます。

 

また、精製していない穀類にはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。玄米、あわ、ひえ、きび、黒米、赤米、麦などなど・・・。発芽玄米でも、コンビニの「五穀米おにぎり」なんかでもOKです。月経前症候群でからだが不調なとき、ゆっくり吸収できて、気分も安定させてくれます。