おりものは天然のバリア!

 

おりものの量が多くなった、においが気になる、色が混じっている、、、などのいつもと違う状態に・・・。

 

何かの病気の前兆かと不安になります。

 

 

おりものの原因

膣に限らずに、人の粘膜は粘液を分泌します。

 

膣内に普段いるのは、腸内に存在する乳酸菌と同じで常に存在する常在菌。強い酸性でほかの菌が侵入してくるのを防ぐ役割があります。ですので、膣から分泌されるおりものは自然なもので、天然の殺菌クリームといってもいいものです。膣はいろいろな菌が紛れ込みやすい部位になります。

 

外部から侵入する菌を膣内の分泌物が殺して、おりものとなって排出されます。また、排卵期、生理前など、女性ホルモンの周期によっても、子宮頚部のけい管粘液がたくさん分泌されておりものが増える時期があります。おりものの量は、多めの人、少な目の人がいて、個人差が大きいものです。また体調の変化によっても変わってきます。

 

 

おりものが心配な時の改善法

通常の無色透明、無臭のおりもの、あるいは薄いクリーム色のおりものならば、自然なものなので問題はありません。生理周期や体調によっても量の増減はありまので、多少おりものが増えても心配することはないでしょう。かえって、おりものを過剰に気にして、携帯用ビデなどで膣内を洗いすぎると、天然の殺菌クリームを洗い流してしまうことになります。

 

自浄作用が弱まって逆効果になります。ウォシュレットくらいならいいですが、清潔にするには、ぬるめのシャワーで手を使って軽く洗い流すくらいで十分です。下着が汚れるからと、おりものシートを使う人がいますが、おりものが多いときは、肌も敏感になっています。おりものシートで擦れてかぶれることもあります。きついガードルやジーンズで締め付けるのもあまりよくありません。炎症をおこすきっかけになります。

 

また、注意が必要なのは、いやな臭いがしたり、黄色や緑や茶色っぽい色のついたおりものです。体内の抵抗力が落ちて膣内の環境を守れず、炎症を起こしている可能性があります。よくあるのは、生理前の抵抗力が落ちたときや抗生物質を服用したあとなどで、免疫力が一時低下して、カンジダ菌や大腸菌が繁殖する場合になります。カンジダ菌や大腸菌による炎症は、ひどくなる前に受診して薬で治療すれば簡単に治ります。

 

アロマオイルのティートリーには抗菌、抗真菌作用があります。お湯に1〜2適たらしてお風呂で洗浄するとカンジダ菌に効果があります。

 

そして、性感染症でおりものが増える可能性もあります。性感染症をそのままにしておくと、腹膜炎になったり、将来、不妊の原因になるなど、いろいろなトラブルをおこします。おりものに、いつもと違うにおい、違う色を感じたらまず婦人科を受診しましょう!

 

婦人科では、綿棒で膣から粘液を採取する検査で簡単に調べられます。あれ?おかしいな??、と思ったらすぐに受診しましょう!

 

 

日常生活においてのアドバイス

菌の感染源がないのい、治療しても治療してもカンジダ菌の炎症を繰り返す人がいます。それは抵抗力が弱まっている証拠になります。睡眠時間を十分確保し、からだを補修する栄養素をとることが大切になります。からだを温め抵抗力を高めるのは、はちみつ、しょうがなどがおすすめの食材になります。しょうがのはちみつ漬けもいいですし、レモンをはちみつ漬けにして食べてもいいでしょう。菌に抵抗力をつけるプロポリスやエキナセア、またポリフェノールをたっぷり含んだピクノジェノールのサプリメントをおすすめします。